“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk

究極のガンダム完成品と究極のガンダムプラモデル コレクターズ事業部 × ホビー事業部

期待を超える創造に挑む。
そのためには、情熱を持ってチャレンジし続けることはもちろん、異分野から学ぶ姿勢も欠かせません。
「匠×TAKUMI Cross Talk」は、異なる業界や部門、職種で活躍する「匠」の両者が語り合うことで新たな発見や発想、気づきを得る企画です。

今回は “究極のガンダムの完成品”『METAL STRUCTURE 解体匠機』を担当するBANDAI SPIRITS コレクターズ事業部の野口勉と、“ガンプラ40周年の集大成となる究極のガンプラ”『PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2ガンダム』を担当する同ホビー事業部の齊田直希が語り合いました。
二人の「匠」が考える、モノづくりのアイデア、そして哲学とは――。

Profile

野口 勉

野口 勉 Tsutomu Noguchi

株式会社BANDAI SPIRITS
コレクターズ事業部 企画第三チーム

住宅メーカーの企画開発から2004年にバンダイに転職。
ホビー事業部、ボーイズトイ事業部で企画開発担当として多くの商品を手掛け、2015年よりコレクターズ事業部へ。企画チームのマネージャーとしてチームを統括しながら、『ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.』や『METAL STRUCTURE 解体匠機』、『魂之工房』などのシリーズを立ち上げた。

齊田 直希

齊田 直希 Naoki Saida

株式会社BANDAI SPIRITS
ホビー事業部 ガンダムチーム企画担当

2013年入社。トイ戦略室で市場調査に関わった後、ガールズトイ事業部でホビークラフト商品などの企画を担当。その後ホビー事業部でニューホビーを担当した際にプラモデルに触れ、モノづくりを学びたいと志願、バンダイホビーセンターに配属。『30MM』などを手掛け、現在はガンダムチームでガンプラの開発を行う。

モノづくりにおける対称的なアプローチ

“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
野口
私はもともと住宅メーカーで企画開発をしており、そこからバンダイに転職しています。珍しい経歴だと言われることも多いですね。ホビー事業部、ボーイズトイ事業部(現 ブランドデザイン部)を経て現在のコレクターズ事業部に異動し、現在は企画チームのマネージャーとしてロボットフィギュアのチームを取りまとめながら、『解体匠機』や『魂之工房』シリーズの企画や開発を進めています。
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
齊田
私は新卒で2013年に入社し、トイ戦略室(現アジアトイ戦略部)で勉強した後、ガールズトイ事業部(現カテゴリーデザイン部)、ホビー事業部と異動しました。ただ、そもそもプラモデルを買ったこともなく、触ったこともない。ぎりぎりシャア専用ザクを知っている程度だった自分にとって、ホビー事業部は全く知らないことばかりで…。そこで一念発起し「バンダイホビーセンターでモノづくりをゼロから学びたい!」とバンダイホビーセンター勤務(静岡)を志願し、ガンダムチームに所属して3年目になります。
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
野口
私がコレクターズ事業部でこれまでに企画担当した主なカテゴリーとしては大きく2つあり、1つ目は、『ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.』です。これは、ダイナミックなアニメ的プロポーションに、印象的な劇中アクションの再現を可能とする可動構造を組み込みました。商品展開のラインアップに遊びの関係性を持たせることで商品化が難しそうなマイナーなキャラクターでもしっかりと販売できるようなスタンダードのラインを作りたいと思い実現したシリーズになります。
2つ目はこれまでの商品とは次元の異なる、新しい世界を切り開くような究極を目指す商品です。モノづくりに対する捉え方から1つ1つこだわり、精密で、圧倒的な情報量を持っている高額商品です。
約5年の構想と商品開発期間がかかり、2019年12月に『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』を発売しました。


「解体匠機」というネーミングは、人体の構造を解説した「解体新書」をモチーフにしています。私自身、趣味の到達点は自分でオリジナルのものを製作することが多いのですが、その前段階では分解して構造を理解します。この商品も、まさに解体から抽出していこうと、「解体という名の構築(ビルド)」というキャッチコピーを製作時のコンセプトに取り入れました。サイズや重量といった存在感はもちろんのこと、約2,000ものパーツで構成されており、精密で、さまざまなマテリアルとギミックを取り入れたトイの次元を超えるような商品を目指しました。

『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』は大きな話題と反響がありました。そして2020年11月に開催した「TAMASHII NATION 2020」にて発表した『METAL STRUCTURE 解体匠機 MSN-04 サザビー』も良い反響を得ています。
『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』
『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』
『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』
102,300円(税10%込)
2019年12月発売
「解体新書」をイメージして構成されたカタログの1ページ
「解体新書」をイメージして構成されたカタログの1ページ
おもちゃショー
東京おもちゃショー2019では『解体匠機』のコンセプトを打ち出し、高級感を演出。
パーツをアクリル板に埋め込んだ従来にない展示方法なども取り入れた。
『METAL STRUCTURE 解体匠機 MSN-04 サザビー』
TAMASHII NATION 2020にて発表した『METAL STRUCTURE 解体匠機 MSN-04 サザビー』
価格・発売日未定
齊田
野口さんはホビー事業部でのご活躍も含めて、経験や知識がすごいですね。その一方、フィギュアやプラモデルに慣れ親しんでいない自分にとって、ラインアップも豊富で複雑化しているガンプラは正直に言うと遠い存在でした。同じように感じるユーザーも少なくないのでは?と思っていたことや、ガンプラファンを広げていくためのエントリーモデルの創出に力を入れていたことから、2018年に『HG リーオー』を担当させてもらいました。

HG リーオーはガンプラエボリューションプロジェクトという、2020年のガンプラ40周年に向けて、新しいプロダクトの創出を目的として発足したプロジェクトの1つで、HGリーオーのテーマが『簡単組立』でした。そこで自分のライトユーザー目線という立場をうまく活かし、初心者でも簡単にストレスなく組める構造を生み出したことで、ユーザーの皆様に改めてガンプラの組み立ての楽しさを実感していただくことができました。

その後、HGリーオーでユーザーに刺さった『簡単組立』をテーマに、BANDAI SPIRITS初となるオリジナルIPプラモデルシリーズ『30 MINUTES MISSIONS(以降 30MM)』を担当し、これが模型界隈ではブームになるぐらいヒットして、「30MMで初めてプラモデルを始めた」という方も多く、嬉しい喜びでした。
「30 MINUTES MISSIONS」
メカデザイナー海老川兼武氏デザインによる、シンプルな構造で組み立てが簡単なBANDAI SPIRITSオリジナルロボットプラモデルシリーズ。
「30 MINUTES MISSIONS」という名の通り30分ほどで組めるシンプルな構成ながら、自由な組み替えとオリジナルの世界観を楽しめる。
齊田
30MM立ち上げ後も、様々なグレードのガンプラを担当し、ホビー事業部の先輩方が長年かけて築き上げてきたプラモデルの技術をもっと多くのユーザーに伝えられないかと考えました。

そこで今年発売した『ENTRY GRADE 1/144 RX-78-2 ガンダム(以降EG)』では、 よりガンプラの間口拡大に繋がるようにプラモデル入門モデルとして商品化いたしました。EGでは、先ほども述べたバンダイホビーセンターの技術を積み上げるのではなく、引き算しながら最適化していき、シンプルなパーツ構成で誰でも直観的に組めるプラモデルが誕生しました。これを引き算の美学と呼んでいます。

そういった経験を踏まえて、ガンプラ40周年の集大成として、多くの人がガンプラを通して、『組み立てる楽しさ』を体感できるものを作りたいという思いから、『PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム』を企画しました。UNLEASHEDは解き放つという意味ですが、まさに、これまでのフォーマット化されつつあったガンプラの制約などを一度解放することで、ガンプラに一から向き合うことができました。
『PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム』
ガンプラの今と未来を繋ぐ40周年の集大成
『PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム』
27,500円(税10%込) 2020年12月19日発売
齊田
“組み立てる”工程はこれまでのガンプラでもかなりの工夫が施されていましたが、パーツが増えるとランナーの枚数も増え、目的のパーツを探す手間は一つのハードルになっていたかもしれません。しかし今回は初心者やライトユーザーでも分かりやすいようにしっかりと道標があり、組み立て工程に沿ってランナーにパーツを配置していることで、組み立てる過程で使用するランナーがどんどん減っていくので、完成に近づくにつれて組み立てスピードと共にモチベーションも加速していくのがポイントです。
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
齊田
さらに、完成までに5つのフェーズを用意し、フェーズごとに達成感を感じられ、その時点で一回遊んでもらったり、SNSなどにUPして自分の工程をシェアできるようにといった狙いもあります。
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
『PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム』は、段階的に組み立て工程を設定。本物のMS製造の擬似体験をするかのような新感覚の組み立てスタイルを確立。
大型インサートフレームによる最速の骨格形成
脚部スライド機構、ハンドパーツの色分け
多彩なマテリアル
最高峰の可動機構
最新技術が織り出す演出
ガンプラ史上最多のハッチオープン
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
齊田
野口さんの商品からは圧倒的なこだわりを感じますね。
その商品のこだわりの源はどこから出てきているのでしょうか?
野口
小さい頃から絵を描いたりモノを作ったりすることが好きで、「人と違うモノを作りたい、自分の表現で人を驚かせたい」と考えていました。今でもそこは変わっておらず、仕事だけではなく、趣味でもこだわって物をつくったりしています。自分の車も外装の一部を自分でデザインしたり、サザビー風の色味に調合したものをベースに全塗装しています。家も前職を活かし趣味に合わせて自分で設計しています。
モノづくり以外にも、電動ガン、ラジコンカー、アクアリウムや釣りなど趣味が多いですが、そういったところからも仕事へのヒントを得ることが多いですね。
また、お客様に対して、買って楽しんでいただくことはもちろん、商品が発売されることさえもサプライズを与えたいというのは常に意識しています。
愛車写真
サザビー風の色味に調合した愛車
貝の写真
釣り餌も手作り
分解写真
構造の理解のため、身の回りのものを分解。解体匠機のネーミングにもつながった。
齊田
僕自身はBANDAI SPIRITSの、そしてバンダイホビーセンターの技術力を最大限に活かしながらも、そのまま伝えるというよりは翻訳するイメージでわかりやすく紹介し、親しみやすさを届けることを目指しています。

技術は積み上げていくものですが、伝わらなければ意味のないものだと思っています。たとえば、インサート成形などはバンダイホビーセンターが世界に誇る技術だとしても、それをそのまま伝えてもプラモデル初心者には伝わりきらない部分もあります。なぜその技術が必要なのか、なぜこれをプラモデルに取り入れることによりメリットが生じるかを考え、難しい技術を誰にでもわかるカタチでいかにユーザーに届け、驚きと感動を与えられるかという翻訳作業が自分の役目だと思っています。

最近では3Dやバーチャル分野の発展も目覚ましいものがありますが、やはり実際にモノを見て触って作る楽しみは何物にも代えがたい。私としてはいかにその間口を広げ、未来に繋げていくかを重要な任務と捉えています。

試作品

完成品

『METAL STRUCTURE 解体匠機 MSN-04 サザビー』
演説をするシャア・アズナブル総帥など、ミニサイズのフィギュアにもこだわりが。

試作品

完成品

『PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム』
精密な色付けがされており、一部金属のパーツを採用したことでよりリアルな質感に。

社内に良きライバルとも言える部署があることで、
お互いのレベルがどんどん上がっていく

齊田
作る過程を楽しんでもらうか、完成品を届けるかという点では、ユーザーへのアプローチの仕方が本当に違いますよね。
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
野口
プラモデルの良さは、自分で作り上げることによって構造を理解し、カスタマイズで色を塗るなど遊び心を加えるといった過程があって、完成後には愛情が生まれていくのが魅力の一つですよね。

一方で完成品の場合の楽しみ方でいうと、脳内にあるビジュアルやアニメの映像を参考にしてポージングをしたり、動きを付けたりするため、可動やエフェクト―パーツで遊ぶという方が多いでしょう。今回の『解体匠機』でいうと、この大きさだとポージングを取るというよりは立ち姿がかっこいいだとか、情景なども含めた完成品ならではの遊びを追求しています。また、価格も高いので長く遊んでもらうようなオプションパーツなどの展開をしています。その意味では他のフィギュアとの差別化になったと思います。
“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk
齊田
プラモデルは出来上がりがフィギュアにどんどん近づいていっているという自信がありますが、とはいえ、プラモデルの隣には、すでに完成しているクオリティの高い彩色済みの完成品が売っている…。じゃあ、プラモデルの価値はなんだ?となってしまいます。だからこそ、コレクターズ事業部からクオリティの高い商品が出てくると絶対に買いますし、一旦解体して「こんな構造になっているんだ」と確認して参考にすることもあります。

社内にコレクターズ事業部とホビー事業部があり、それぞれのレベルがどんどん上がって高め合ってきたからこそ、ここまでのプロダクトができていると思っています。
『解体匠機』が出た時の衝撃は大きくて、完成品の良さを改めて感じたとともに、ではホビー事業部として新たな価値観をどう生み出すか、プラモデルとしてのアプローチはどうしていくか、どういったチャレンジが出来るかなど、私自身かなりの刺激を受けました。

圧倒的なサプライズを提供し続けたい

野口
今後も、ユーザーに圧倒的なサプライズを提供し続けていきたいというのは大前提にあります。ただ、最近では実際のモノだけでなく、形にないもの、例えば、デジタル上のものや、計数などの数字的な側面も頭の中で図形を描いて考えていくことでモノづくりの一つなのではないかと考えていて、興味の範囲がさらに広がっています。まだまだあらゆるモノづくりの可能性があることにワクワクしていますし、新しいチャレンジができる場を探っていきたいですね。
齊田
私は、改めて、プラモデルの価値をもっと世界に広めたいと強く思っています。
昔からプラモデルを楽しんでいるユーザー、これから手に取るというユーザー、そして世界中のユーザー、すべての方が日常で感動を味わうことのできるプロダクトだという自信があるので、認知を高めていきたい。そして、僕自身はその間口をさらに広げる努力を続けながら、コレクターズ事業部とホビー事業部でさらに切磋琢磨していくことができたら、市場がもっと盛り上がると思っています。

“究極のガンダム完成品”と“究極のガンダムプラモデル” | 匠×TAKUMI Cross Talk